LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 34で読めます】

シャンプーの仕方

前の項目では、薄毛を改善する際に重要となる頭皮専用シャンプーの選び方についてご紹介しました。
その選び方に従ってシャンプーを購入していただければまず失敗はしないのですが、そのシャンプーを買ったからといって効果を十分に得られるかといえば、そうでない場合があります。

十分な効果を得るには、正しいシャンプーの仕方で髪の毛を洗う必要があります。
誤った方法での洗髪を行うと、本来ならば髪にいいはずのシャンプーも頭皮に何らかのトラブルを招きかねません。

そこでこちらでは、正しいシャンプーの方法についてご紹介します。
あなたのシャンプーの仕方は正しいものでしょうか?

これが正解!育毛効果を十分に得られるシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方とは言っても、難しいことはありません。
ある基本事項に注意して行うことで、簡単に正しいシャンプーが行えます。
その基本事項とは、指の腹を使って髪の毛を洗うということです。

これは洗う時、すすぐ時などありとあらゆる場面で言えることです。
爪を立ててこれらを行うと、爪が頭皮に刺激を与えるだけでなく傷を作ってしまいます。
それらは頭皮トラブルを引き起こす原因となり、結果的に抜け毛や薄毛を生じさせます。

そうならないためにも爪を立てるのではなく、柔らかい指の腹の部分を使って下さいね。

シャンプーの前のシャワーを忘れずに!

いきなりシャンプーをされる方も多いかと思います。
しかし、シャンプーの前に1分ほどシャワーを頭皮に当ててください。
こうすることによって、1日に溜まった汚れや老廃物の60%は落とすことが出来ます。

そのように汚れをあらかじめ落としておくことによって、育毛シャンプーに含まれる有効成分をより頭皮へ行き渡りやすくなる環境を作っておくのですね。

手のひらで泡立ててから

シャンプーは手にとったらすぐに髪につけていませんか?そして髪を泡立てネット代わりにして泡立てていませんか?
それは大変頭皮にとって負担となっています。

シャンプーを手にとったら、手のひらで十分に泡立ててください。
そしてその泡を髪に乗せましょう。
すると、シャンプーが頭皮に与える刺激も少なくなり、さらにすすぎによって綺麗に洗い流すことができます。

擦らずに「揉む」ことを心がけて!

泡立てたシャンプー剤を髪につけたら、指の腹を使って頭皮を揉み解すようにして洗いましょう。

頭皮を揉みほぐすと頭皮の血行が良くなり、シャンプーに含まれる有効成分がより深く行き渡るようになり、相乗効果が期待できます。

トリートメントなどは頭皮に付けない

シャンプーが終わり十分にすすいだ後には、トリートメントやコンディショナーを使った仕上げを行うことでしょう。
絶対に頭皮に付けないように、髪だけに塗布することを心がけてください。
髪の痛みが見られる毛先だけで十分です。

しかしながら、頭皮にも効果的なトリートメントもありますから、その場合には頭皮につけても構いません。
その他の場合には基本毛先だけにつけてくださいね。

このようにしてシャンプーが終われば、お風呂あがりにはしっかりとドライヤーで乾かしましょう。
髪を濡れたまま放っておくと、雑菌が増殖したりと頭皮や髪にダメージを与えます。

頭皮に熱風を当てすぎないように注意しながら十分に乾かして下さいね。

以上が正しいシャンプーの方法になります。
この方法で行えば、育毛シャンプーの効果を最大限に得られることでしょう。
是非お試しになってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。