LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 233で読めます】

飲酒が薄毛の原因に

暴飲暴食などの栄養バランスなどを全く考えない食生活は、もはや薄毛治療においてもってのほかと言えます。

しかし、それだけではなく飲酒も節度を守らないとAGA(男性型脱毛症)の原因となってしまいますから、AGAによる薄毛の症状を改善したいのであれば、過度な飲酒を控える必要があります。

それではどうして過度な飲酒が薄毛の原因となるのでしょうか?
こちらでは飲酒と薄毛の関係性について着目しご紹介いたします。

「酒は百薬の長」とは言うけれど…

ことわざで「酒は百薬の長」というものがあります。
適量の飲酒によってアルコールを摂取したら体が芯から温まり、体温が上昇することによって血流が促進されます。
すると結果的に新陳代謝も高まり、抵抗力が高まるという効果が得られます。

血行が促進されると頭皮の毛髪を育てる細胞に、髪の毛を生やして伸ばすには必要不可欠な酸素や栄養素を十分に行き渡りますから、健やかな毛髪が期待できるでしょう。

また「仕事終わりの晩酌が楽しみだ」という方が多いかと思います。
適度な飲酒はストレスの解消になり、善玉コレステロールを高める働きがあるとされています。

このように、適量を守った飲酒には多くのメリットがありますが、過剰な量の飲酒となるとそういうわけにはいきません。

過度な飲酒が薄毛の原因になる?アセトアルデヒドとは

アルコールは体内に取り込まれた後、肝臓によって無害な酢酸へと分解されることはよく知られています。
この分解の際には、毛髪を作る上で必須となるアミノ酸が多く消費されてしまいます。

つまり、過度な飲酒によってアミノ酸が過剰に消費されてしまい、毛髪を育てる上で必要なアミノ酸が不足し正常に育たずに薄毛が引き起こされてしまうということなんですね。

過度な飲酒が薄毛の原因となるのは、この要因だけではありません。

アルコールが肝臓で分解される際に、体にとって毒性のあるアセトアルデヒドと呼ばれる物質が生成されます。
酢酸はこのアセトアルデヒドが変化して生じるものですから、アセトアルデヒドは酢酸の一歩手前の物質といえます。

このアセトアルデヒドは、血中に含まれる酸素や栄養素を多く消費してしまうという厄介な性質があります。
本来ならば頭皮に行き渡り発毛や育毛に使われるはずだったそれらの物質が、アセトアルデヒドによって消費されてしまったのであれば、当然本来の健康な毛髪は育たずに薄毛の原因となってしまいます。

以上のような薄毛を引き起こしてしまう要因があることから、過度な飲酒は薄毛の原因とされています。

飲酒が直接薄毛の状態を進行させてしまったり薄毛の原因になるというわけではなく、過度な飲酒によって生じる体の働きによってAGAが引き起こされてしまうリスクが高くなるというわけなんですね。

過度な飲酒は毛髪だけでなく、体にもよくありません。
自分の毛髪や体を健康な状態で保つためにも、過度な飲酒は控えて下さいね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。