LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 210で読めます】

肩こりが薄毛の原因になる

パソコンと長時間向かい合う仕事がどうしても多くなる現代社会。
デスクワークが中心の方は肩こりや眼精疲労などにお悩みかと思います。

所詮「コリ」だから何の問題もないだろうと思っていてはいけません。
肩のこりなどといった体のコリは様々な体の不調を引き起こすほか、実は薄毛の原因となってしまうんですね。

こちらではそんな体のコリの代表格でもある肩こりと薄毛との関係性について簡単にご紹介致します。

肩こりが薄毛の原因に!?

肩こりなどはそもそもどうして引き起こされてしまうのかご存じですか?
肩こりとは運動不足や長時間同じ体勢でいることによって血流が悪くなり、それによって乳酸などの疲労物質が排出されることなくどんどん蓄積されていくからなんですね。

このような疲労物質の蓄積によって生じる肩こりなどの症状としては、痛みやこわばりなどの不快感やそれらの症状が悪化して生じる嘔吐感や頭痛さらには腰痛が挙げられます。

つまり、肩こりなどの体のコリは血流状態の悪さが原因となって生じるんですね。
このような血行不良はAGA(男性型脱毛症)の原因ともなりますから、肩こりも関係すると考えられます。
肩こりは次第に肩だけでなくその周辺の首や頭皮の血行状態も悪くしてしまうことから、AGAを引き起こす原因となってしまったりあるいはその症状を進行させてしまう要因となってしまいます。

その肩こり放っておくと大変なことになりますよ?

冒頭でも言いましたようにデスクワークの多い仕事が増えてきていることもあり「肩こりなんて何の問題もないだろう」と思われる方は多いかと思います。
しかし、肩こりを放っていおくとコリの原因となっている血行状態の悪さが慢性化してしまいます。

血行不良が慢性化してしまうと、慣れによって不快感などの自覚症状は薄らいでいきますが、依然として体への負担が続くことはおろか次第に増えていき、結果として重度の症状として体に現れます。

そのような結果となってしまっては遅いですから、コリを防ぐためにも定期的に適度な運動やマッサージ、そしてエクササイズによって体をほぐしてあげるようにして下さいね。

体のこりは結果的に体の血行不良に繋がります。
そしてその血行不良が薄毛の原因となりますから、その根本的な原因である体のこりをなくすことは、薄毛改善には効果的だと言えます。

薄毛の原因予防として、そして健康状態を維持するためにも、体のコリをためすぎないような生活を送るように心がけて下さいね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。