LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 228で読めます】

AGAの治療費

AGA(男性型脱毛症)では健康保険が適用されない?

薄毛に悩んでいる男性のほどんどが、AGA(男性型脱毛症)であるとされています。
そのAGAは早期治療をきちんと行えば症状が改善されることから、AGA治療に注目が集まっています。

しかし、注意しなければならないのはAGA治療には高額な医療費がかかるということです。
どうして医療費がかさんでしまうのでしょうか?
それは、AGAは病気として国から認められていなからです。

そんなこともあり一般的にAGA治療に用いられるフィナステリドという薬は、健康保険の対象として設けられていません。
ですから、このフィナステリドを処方してもらうために必要は診察・調剤・医師による指導は全てその患者さんの全額負担になってしまいます。

また、AGA自体が病気として認められていないことから、フィナステリド以外にも植毛などの治療を行ったとしても、健康保険の適用がされませんから同様に全額負担になります。

かつて保険が適用されなかった治療として不妊治療やED治療などがありましたが、これらは現在保健の適用を受けることが可能になっています。
しかし、AGA治療はこれらと同様に適用を受けられるようになるのは難しいかもしれません。

では、実際のAGA治療にかかる費用はどれくらい?

健康保険の適用を受けることができずに高額となってしまうAGA治療は一体どれ位の費用が必要となるのでしょうか?

一般的な皮膚科で医師による問診とAGA治療薬の処方による治療を受ける場合には、1ヶ月の治療費としてはおよそ9,500~13,000円が相場とされています。

しかし、これはあくまでも普通の皮膚科での薬の処方による治療の場合であり、AGA専門治療を実施している病院で、独自の治療法やより精密な診察を受けた場合には、1ヶ月あたりの治療費は30,000円にものぼる場合があります。

ただし、高額なだけではなくきちんとそれ相応の高い効果が得られることから、値段だけで判断するのは間違いだといえます。

安く済ませることはできないの?

高額な治療費となるとやはり経済的に厳しいことから、「なるべく安く済ませることができないか」と思われる方が多いかと思います。

AGA治療を安く済ませる方法としては、海外のフィナステリド薬を個人輸入したり、あるいはジェネリック医薬品を活用することによって5,000円前後や2,000円程度に医療費を抑えることが可能となります。

しかし、個人輸入やそれによって手に入れた薬品の使用は自己責任となりますから、もしも万が一何らかのトラブルが生じたとしても何の保障も受けることができませんので、あまりお勧めできません。

高額にはなりますが、安全安心にAGAの症状を改善したいのであれば、きちんとAGA治療専門機関を活用することが賢明でしょう。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。