LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 28で読めます】

AGA治療の病院の選び方

AGA治療を行う上で、大切となるのが病院選びになります。
きちんと自分に合った治療を実施してくれる病院でなければ、AGA改善効果も得られません。

そこでこちらでは、AGA治療の効果をしっかりと得られる病院の選び方についてご紹介します。

まずAGA治療を行っているのはどんな病院?

AGA治療を実施している病院は、皮膚科系クリニックや内科系クリニックの他、美容・皮膚科系クリニックが挙げられます。

しかし、近所にあるそれらの医療機関を受診すれば必ずAGA治療を受けられるというわけではありません。
それらの皮膚科や内科でも実際にAGA治療を行っていない場合がありますから、受診前にはその病院がAGA治療を行っているかどうかの確認をしなければなりません。

どのような治療を行っている病院を選ぶべきか

AGA治療を行っている皮膚科系クリニックでは、初回は内服薬のプロペシアが1ヶ月分処方されることがほとんどです。
そして経過を見て問題がないようであれば3ヶ月分が処方されます。

しかし、美容・皮膚科系クリニックの場合にはこれとは少し異なった処方が行われます。
本来美容に特化している医療機関であることもあり、問診や生え際を視診することで症状をチェックし、それを踏まえて初回歯プロペシアが1ヶ月分処方されます。

並行して行う血液検査の結果から、プロペシアの服用を行っても副作用が現れない体質であると判断されれば、次回からは3ヶ月分の処方へとシフトします。
皮膚科系・内科系のクリニックでは一般的な皮膚科と同様にプロペシアを処方するだけの治療でしかないのが現状です。

一方美容・皮膚科系クリニックではプロペシアの処方だけでなくミノキシジルを併用したり、さらには頭皮トラブルを改善する治療なども行うというようにAGA治療に特化しています。

ですから、AGA治療を受けるために病院を選ぶ際には、どの科であったとしても、必ずAGA治療を行う体制や治療のメニューが整備されているかどうかを見極めることが大切になってきます。

もしも本当にAGAの症状を改善したいと願うのであれば、それらがきちんと設けられている専門のクリニックを選ぶことをお勧めします。

また、AGA専門治療を行っているクリニックでは、初回に行うカウンセリングを無料で実施しているところも多いですから、そういったサービスを行っているところでAGA治療がきちんと設けられている機関を探してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。