LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 233で読めます】

最近髪が薄くなった気がする…

薄毛に悩む方が男女問わず多くいらっしゃることから、最近は様々な育毛剤が市販で店頭に並ぶようになりました。
そんな多くの種類の育毛剤には、女性用と男性用と分けられています。

男性用のものを女性が使ってはいけないのか気になりませんか?
そこでこちらでは女性用育毛剤と男性用との違いに着目し、ご紹介したいと思います。

男性用と女性用とでの違いとは?

まず、男性用の育毛剤と女性用のものとでは何が違うのでしょうか?
多くの種類の育毛剤があることから、一概にそうだと決め付けることはできないのですが、一般的に男性用の育毛剤は主成分としてミノキシジルが使用されています。

このミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)に効果があり、中でも頭頂部の薄毛に適しているとされています。

女性の薄毛で、女性ホルモンの急激な減少に伴う男性ホルモンが優位なホルモンバランスでのAGAが原因の場合には、このようなミノキシジルが主成分である育毛剤を使用することは効果的です。

しかし、男性に効果が現れたからといって女性の薄毛にも同様の効果が現れるとは限りません。
というのも、女性の薄毛がどうして引き起こされるのかという明確な原因が解明されていないからです。

加えて、女性の場合の薄毛には加齢が原因となって生じる「びまん性脱毛症」というものがありますが、これに対してミノキシジルが発毛効果を発揮するかどうかは現在のところわかっていません。

また、ミノキシジルは発毛効果が期待できるほどに体に作用があるということですから、もちろん副作用としてもの不調をもたらす場合があります。
そんなこともありますから、ミノキシジルが含まれる外用薬を使用する際には、薬剤師やかかりつけ医に相談してから使うことをお勧めします。

女性の薄毛治療には女性用のものを

たとえ、使用されている主成分が男性用のものと同じだからといって、女性が男性用育毛剤を使うのはあまりお勧めできません。
というのも、男性の頭皮環境と更年期の女性の頭皮環境は全く異なるものだからです。

更年期の女性の頭皮から分泌される皮脂量というのは、同じ年齢の男性と比べて極めて少ないです。
つまり、更年期の女性の頭皮は比較的乾燥状態にあるというわけです。

そんな頭皮に、すっきり感が多く得られるようにアルコールやメントールが多く使用されている男性用育毛剤を使用すると、大きな刺激からかえって悪影響が及ぼされてしまうことが多いです。

また、男性用の育毛剤は匂いが女性向けではないことから、使用していてもその匂いが不快に感じられるかと思います。
不快に感じることでストレスが蓄積されてしまっては、薄毛の症状も悪化させてしまいます。

以上のような違いから、薄毛に悩んでいる女性はきちんと女性用育毛剤を使用されたほうが良いでしょう。

育毛剤は継続して使うことが重要となりますから、無理せずに続けられるような価格そして特徴のものを選んで下さいね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。