LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 211で読めます】

亜鉛

薄毛に悩んでいる女性に特に意識して摂取していただきたい栄養素は何かというと、亜鉛です。

食べ物から摂取したタンパク質はそのままの状態では髪の毛などの組織にはなりません。
この亜鉛がタンパク質を髪の毛に変える上で必須となる栄養素ですから、いくら良質なタンパク質を摂取していたとしてもこの亜鉛が不足していれば、髪の毛を生成する事はできません。

そこでこちらでは亜鉛に着目し摂取方法やその際の注意点についてご紹介したいと思います。
気になる方は是非参考にしていただき、薄毛の改善に役立てていただければ幸いです。

薄毛改善には欠かせない亜鉛の働きとは

そもそも亜鉛は抜け毛の根本的原因である活性型男性ホルモンの生成に不可欠な5-αリダクターゼの働きを抑制する効果があることからも、抜け毛を改善し育毛に効果があるとされる栄養素だと言えます。

しかし、この亜鉛が日本人が一番不足しがちになる栄養素としても有名です。
というのも、亜鉛は食べ物にあまり含まれていない上に、調理によって簡単に失われてしまう他、体内での吸収率が悪いなどということから食べ物からの摂取がなかなか難しいです。

近年の食生活の変化で良く口にされるようになったファストフードやコンビニ食品に含まれる食品添加物、フィチン酸そしてポリリン酸などは亜鉛の吸収率をさらに下げてしまう作用があります。

そんなこともあり、もしも薄毛を本気で改善したいのであればそのようなジャンクフードは避けるようにしなければなりません。

サプリメントで効率的な摂取を

亜鉛はクエン酸やビタミンCと共に摂取することで吸収率が高まります。
なので、サプリメントで摂取する際にも、ビタミンCのサプリメントを併用したりあるいはマルチビタミンのサプリメントを活用すると良いでしょう。

サプリメントでの摂取で気を付けなければならないのが、1日の摂取量になります。
亜鉛の1日の摂取量は15mgまでと定められており、それを超えた過剰摂取を行うと免疫力が低下してしまうなどの体の不調に繋がります。

どの栄養素に関しても言えることですが、1日に定められている摂取量をきちんと守り過剰摂取はしないようにしてくださいね。

亜鉛は髪の毛に良いとされていることから、育毛サプリメントにも含まれていることが多いです。
もしも育毛サプリメントを服用しているというのであれば、亜鉛のサプリメントではなくマルチサプリを一緒に飲むなどの工夫をし、過剰摂取になってしまわないように注意して下さいね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。