LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 222で読めます】

薄毛が気になってしまう

薄毛に悩んでいる男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であるとされています。
また、このAGAは治療を行えば症状を改善することが可能となっております。

しかし、自分の薄毛の原因がAGAだとは知らずに「加齢による薄毛だろう」と諦めてしまっている方が多いのが現状です。

AGAは進行性のものですから、きちんとした対策を治療で行うことによって進行を食い止めることができますが、何もしなければどんどん薄毛の症状が悪化するばかりです。

AGAの治療は主に薬を用いたものになり、その治療で一般的に使われているものとして「ミノキシジル」という成分を含むものがあります。
そこでこちらではミノキシジルについて簡単にご説明します。

まるわかり!ミノキシジルって一体何?

AGAの治療に大変効果的だとされているミノキシジルという成分は、もともとは血圧を下げる降圧剤としてアメリカで利用されていました。
しかし、降圧剤として服用している患者さんの中に、発毛効果が現れた人が知られるようになってから、薄毛の治療薬としての研究が進められるようになりました。

アメリカでは1986年という早い時期からミノキシジルを有効成分として含む外用薬が販売されるようになりました。
日本ではそれよりも少し後の1999年に薄毛治療に用いられる外用薬として名高いリアップが発売されたのをきっかけに、多くのAGA対策の外用薬が発売されるようになりました。

ミノキシジルはどうすれば入手できる?

上記でご紹介しましたリアップは一般用医薬品なので、近くの薬局やドラッグストアで簡単に手に入れることができます。
ミノキシジルはこのように簡単に入手できることが魅力の一つでもあります。

また、ミノキシジルを含んでおり海外のAGA治療薬として一般的に使用されているロゲインという外用薬の場合には、AGA治療を行う病院やクリニックで処方してもらう必要があります。
海外のサイトでの個人輸入という手段がありますが、自己責任で輸入することから何らかの問題が生じた場合を考えると、きちんと処方してもらって手に入れる方が賢明でしょう。

ミノキシジルの効果をきちんと得るには?

ミノキシジルは頭皮の血行状態を良くし、発毛を促進する外用薬になります。
ですから、AGAの原因となる男性ホルモンを抑制することにより症状を改善するプロペシアを併用することで、さらなる効果が得られるとされています。

AGAの治療で用いられる薬を、自分の薄毛が生じている原因に応じて併用したりあるいは使い分けたりすることはとても重要な事です。

その原因をきちんと知るためにも、AGAの治療を行う際には一度専門機関でのカウンセリングを受けてみることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。