LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 215で読めます】

AGAに悩む男性

薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)であるとされています。
また早期治療を行うことによって本来のフサフサの髪の毛を取り戻すことができることから、AGAの専門治療を始められている方はきっと多いことでしょう。

そんなAGAの専門治療で最近になって用いられているようになっているのが「プロペシア」という薬になります。
こちらではそのプロペシアについて簡単にご紹介したいと思います。

プロペシアってどんな薬?

このプロペシアは世界ではじめて「飲むAGA治療薬」として認可された薬になります。
ただし医師の処方が必要となることから、病院での正式な治療として用いられます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、本来前立腺肥大の治療薬として開発されたものです。
しかし、その副作用として発毛効果が得られたために、発毛剤として使えないかという研究が進められました。
その結果、アメリカで1997年にAGA治療薬として使用する許可が下りたのをきっかけに、現在ではおよそ世界60カ国以上の多くの国で承認され、AGA治療に使用されています。

日本では製薬会社での臨床実験を行った結果問題無いとされ、2005年に認可を受け国内での販売も可能となりました。

プロペシアはどこで入手できるの?

上記でも言いましたように、プロペシアは医師の処方が必要となります。
なので、近くのドラッグストアなどで購入することはできません。
医師の処方が必要となりますので、病院を受診しなければ入手することはできません。

また、海外では市販されていることから海外のサイトから個人輸入を行うことも可能ですが、プロペシアではない別物が送られてきたり入金したのにも関わらず送られてこないなどといった様々なトラブルがついて回ってきますからお勧めできません。

個人輸入は自身の責任によって行うものですから、もしも万が一個人輸入によって入手したプロペシアによって体の不調が生じた場合にも自己責任となり、何の助けも得られません。
そういったこともあることから、海外から個人輸入を行うのではなく、きちんと医師から処方してもらってプロペシアを服用しましょう。

さらに、このプロペシアは成人男性しか使用することができません。
未成年や女性の方で薄毛に悩まされているのであれば、他の治療法を考える必要があります。

プロペシアの効果が期待できるのは、AGAによる薄毛だけになります。
その他の脱毛症による薄毛の治療としてはまた別の治療法が行われますから、それを見極めるためにも病院の専門外来を受診することをお勧めします。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。