LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 213で読めます】

AGA専門機関での治療

一般的にAGA(エージーエー)と省略されることの多い男性型脱毛症は、進行性のものですから放っておくとどんどん髪の毛が薄くなっていきます。
早期治療が大変重要になってきます。

先ほどではそんなAGAの治療でも大切になってくる遺伝子検査を自宅で簡単に行う方法について簡単にご紹介しました。

お仕事などで忙しくなかなかAGA専門機関を受診することのできない方には大変お勧めですが、デメリットとしてはAGAを発症してしまっているか、そしてAGA以外の脱毛症が原因となって薄毛が生じているかは分からないという点です。

ですから、はやりAGAの最終的な診断はきちんとした専門機関で行ってもらうのが一番確実だといえます。

確かに自宅で自分で行うよりも費用がかかってしまいますが、専門機関での検査の結果に忠実に基づいた自分に合った治療を受けられるというのは、AGAの解消にはもっとも効果的です。

こちらでは、そんな専門機関でのAGAの診断方法についてご紹介致します。

専門機関でのAGAの診断方法とその流れ

AGAによる薄毛かも知れないと疑う際、まずはじめに円形脱毛症や薬物脱毛症などの他の脱毛症が原因となっていないかの診断を行います。
それらの脱毛症の治療とAGAに対して行う治療は全く別のものですから、この診断は極めて重要なものとなります。

上記のような他の脱毛症による薄毛ではなく、AGAによるものであると明らかになれば、頭皮や脱毛の状態を観察することでAGAのどの特徴に該当しているのかを見極めます。

AGAだと判断されたら、血液検査を行うことでAGAに対する治療がきちんと効果を発揮するか、あるいは副作用が伴わないかなどの体にどのような影響が及ぶかを確認します。

さらに、遺伝子検査によって男性ホルモンがどのように頭皮に影響を与える体質であるかということも調べます。

こらら全ての診断結果を合算して、これからどういう治療方法を行っていくかを決定します。

このように様々な過程を経て受ける専門機関でのAGA治療は、時間とお金がかかりますが確実に改善することが可能となるでしょう。
また、自分に応じた自分だけの治療を受けられるというのが嬉しいですね。

本当にAGAによる薄毛を解消したいのであれば、今一度専門機関での検査や治療を考えてみてはいかがでしょうか?

このような専門機関ではまずはじめに自分の薄毛の状態や頭皮状態を聞いてもらうカウンセリングを無料で実施している所も多いですから、まずはそれを活用してみるのも良いかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。