LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 212で読めます】

AGAは早期に治療しましょう

治療を行えば、本来のフサフサの髪を取り戻すことができるとされているAGA(エージーエー)

このAGAはの治療で良く耳にするのが「AGAは早期治療が大切」ということです。
どうして早期治療が重要となってくるのでしょうか?
その理由をこちらで簡単にご紹介したいと思います。

そんなに大切?AGAの早期治療

AGAに対する治療は、できるだけ早くに行うよう言われています。
そして、現に早期治療の方が良い結果を残せる確率が高いのです。

しかし、AGAの進行がかなり進んでしまっている場合には、特効薬とされているフィナステリドの効果が十分に得られません。
そんなこともあり、もう治療が手遅れな状態までに悪化しているケースも少なくはありません。

髪の毛が育つに必要な細胞分裂の回数は有限?

人間の細胞分裂は一部例外を除いて約40~50回分裂すればそれ以上は分裂しないとされています。

これは髪の毛を育てる細胞である毛母細胞も同じで、40~50回の細胞分裂が行われた後には寿命を迎え、それ以降は細胞分裂は行われません。
このようにして細胞分裂が行われなくなった毛母細胞からはもう毛は生えてきません。

人間は毛が生えるサイクルに従って、毛母細胞が40~50回細胞分裂を行います。
その細胞分裂のペースとしては約2~6年とされていますが、このペースが0.5年と異常に少なくなってしまえば、それだけ毛母細胞が細胞分裂を終えてしまう寿命が短くなってしまいます。

この寿命を迎えてしまう前にAGAの治療を行わなければ、もう細胞分裂を行わなくなってしまった毛母細胞にいくら治療を施したとしても絶対に生えてきませんから無駄な治療で終わってしまいます。

毛母細胞が細胞分裂を行っているうちに治療を!

「AGA治療はいつでも行える」と思っていてはいけません。
毛母細胞が寿命を迎えてしまうまでというタイムリミットがあります。
また、AGAが酷く進行してしまうと治療を行ったとしても十分に効果を得ることはできません。

だからこそ、薄毛かな?という違和感や異変に気づいた際には、すぐに治療を始められることをお勧めします。

また、AGAの治療を専門的に行なっている医療機関の場合には、無料でカウンセリングを受け自分に応じた治療の説明に納得した上でより効果的な専門治療を始められますから、そういった医療機関を活用するのも有効な手段と言えます。

諦めてしまっては薄毛は一向に解消されません。
まずは専門機関に相談されてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。