LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 215で読めます】

AGAの原因

AGA(エージーエー)とは、男性型脱毛症のことを言います。薄毛や脱毛に悩んでいる男性の約90%以上がこのAGAによる症状だとされています。

AGAは髪の毛を育てる毛包を消滅させるというわけではありませんから、きちんと対策を行い本来の髪を生やすことのできる状態にすれば、元の髪に戻すことも可能となります。

AGAに効果的な対策を行うためにも、まずはAGAの生じる原因についてきちんと理解しておきましょう。

AGAの原因は実は男性ホルモンの一種?

AGAの原因とされているのは、男性ホルモンが変容したジヒドロテストステロンになります。
このジヒドロテストステロンは体温調節によって生じすぎた熱が頭皮に集まるとさらに活性化されてしまいます。

すると、ジヒドロテストステロンが髪を細くしたりと通常よりも早く髪を退化させてしまいます。

AGAによる薄毛に悩まされている男性のほとんどは20~30代の仕事によるストレスが多い方となっています。

そんなこともあり、遺伝によるものではなくストレスなどの環境による原因で発生するとされています。
特にAGAを発症しているのは通常ならば白い頭皮が赤く熱を持っている方で、汗っかきで男性ホルモンの分泌が盛んな人になります。

余分な熱とジヒドロテストステロン

カロリーの高い食べ物を口にすることが多い現代人は、その分たくさんの体温を発生します。

過剰に熱が発生してしまうと、その熱は行き場を失いしまいには頭頂部に集まり始めます。
その熱によってジヒドロテストステロンが刺激され、薄毛や脱毛といった症状が現れます。

ですから、AGAを改善するには根本的な原因である体温調節機能を改善することから始めます。

体温の調節機能をきちんと正常なものにし、本来の体温バランスに戻します。
さらに、AGAの原因となるホルモンバランスも正常にするにあたって必要となるストレス解消のための自律神経治療や、頭皮環境の改善を並行して行います。

これらの対策によって、髪の毛が本来のように生える環境が再び形成されれば、AGAは解消されます。

ですから、まずはどんな薄毛の症状が治療によって改善できるAGAなのかを知っておく必要があります。
次の項目では、AGAの症状の特徴についてわかりやすくご紹介します。
是非参考になさってくださいね。

あなたの薄毛はもしかしたら治療によって改善できるAGAかもしれません。
「歳だからかな…」と決して諦めること無く自分の薄毛がAGAなのかを見極め、きちんと対策を講じてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。