LINEで送る
[`evernote` not found]

【この記事は 211で読めます】

AGAについて

AGA(エージーエー)と言われる男性型脱毛症は、きちんと治療や対策を行えばもとのふさふさの髪に戻ります。

また、AGAは他の脱毛症とは違う薄毛や脱毛の進行過程があります。
その特徴を知っておくことで、自分の薄毛や脱毛がAGAであるかどうかを見極め、それに応じた治療を行えばきっと薄毛は解消されるでしょう。

そこでこちらではAGAの薄毛の進行の特徴3パターンをご紹介します。

あなたはAGA?3つのパターンを知っておこう

前頭部から進行するタイプ

AGAの薄毛や抜け毛の中でも最も多く見られるタイプが、この前頭部から進行していくものになります。
前頭部の髪の毛の生え際が徐々に薄くなっていき、おでこの面積がどんどん増えてきます。

生え際も次第に進行していくと、前頭部にとどまらず後頭頂部にまで薄毛が広がっていきます。

頭頂部から進行するタイプ

上記でご紹介したタイプがAGAで一番多く見られる進行するタイプになります。
その次に多く見られるのが頭頂部から次第に進行していくタイプになります。

頭のてっぺんにあるつむじ周辺の髪の毛が細くなったりすることで徐々に薄毛になっていき、その範囲が円形に広がっていきます。

M字型に進行するタイプ

最後にご紹介するのは、髪の毛の生え際がM字型に進行していくタイプです。
一番はじめにご紹介した前頭部から薄毛が進行していくタイプと一見同じように思われるかもしれませんが、このM字型では前髪の中央部分には薄毛が見られないというのが特徴になります。

このようなM字型のタイプの方は、どんどん生え際が頭頂部へと進行していっても、前髪の中央部分が残るという方が多いそうです。

これらのAGAの進行タイプは、主に遺伝によって決められているとされています。
ですから、親戚に上記のような特徴のある薄毛の方がいらっしゃるならば、AGAが生じた場合にはそれと同じような進行タイプになります。

また、AGAはこの度紹介しましたように進行性のものであると知っておくことが大変重要になります。

ですから、進行性のAGAを放置しておけばどんどん大切な髪の毛が失われてしまいます。
そうはならないように、薄くなり始めたというような髪の毛の異変を感じたら、すぐに対処を行うことをお勧めします。

次の項目では、AGAの治療について様々な角度から着目しご紹介したいと思います。

薄毛に悩まされている方は、決して諦めず引き続き参考にしAGAの解消に役立てていただければ幸いです。

The following two tabs change content below.
伊藤 純一

伊藤 純一

管理人は父だけでなく、母まで薄毛という両親共に髪の毛が薄い家系でした。 そんな「薄毛のサラブレッド」だったために、自分は絶対にハゲると思っていましたが、育毛サロンに転職したのをきっかけに、頭皮環境や生活習慣、正しい育毛剤選びを間違わなければ遺伝に負けずに強い髪を育むことが可能だとわかりました。 私自身、40歳で髪の毛はフサフサで、よく同年代からは羨ましがられます。髪の毛を黒々と、濃く若々しく保つためにはどうすればいいのかを多くの人に伝えていくことを使命と考えています。